毛穴に良いスキンケア

毛穴に良いスキンケア方法は?

毎日きちんと洗顔をしていても、いつの間にか黒ずんでしまったり開いてしまう毛穴は、しっかりとケアをしてあげる必要があります。

 

まず毛穴の黒ずみが目立つ場合には、当然ですがこの黒ずみを取らなくてはいけません。
ここで注意しなくてはいけないのが、決して毛穴パックやスクラブなどを使って無理やり取るようなことはしないことです。

 

確かに毛穴パックなどをすると、角栓が目に見えて取れるのでスッキリするかもしれませんが、無理に黒ずみを取ってしまうと毛穴は開きっぱなしになってしまいます。いくらローションや冷水などで引き締めてもその効果は一時的なものであって、毛穴自体の力できちんと引き締まるまでにはかなりの時間がかかります。

 

すると、その間に肌はダメージを受けた毛穴を保護しようとして皮脂を過剰に分泌させるため、それが開いた毛穴に詰ってしまって、結局はまた黒ずみが出来てしまいます。ですのでまずは毛穴の黒ずみの原因についてしっかり理解しておくのが間違ったケアをしないために重要でしょう。

 

 

毛穴の黒ずみ&開きのスキンケア方法

毛穴の黒ずみは、まずは角栓を緩めて毛穴を開いてから落とさなくてはいけないので、蒸しタオルやスチームなどを使いましょう。
汚れが緩んで毛穴が開いたら、きめ細かく弾力のある泡でこすらないようにして毛穴の汚れを落としていってください。

 

また、半身浴をすると汚れが緩むだけではなく、毛穴の奥から汗が出てきて汚れを自然に押し出してくれるので、時間があれば半身浴を習慣にするといいですね。

 

毛穴が開いている場合は、引き締め効果に優れたビタミンC誘導体が配合されている化粧水でローションパックをしましょう。

 

ビタミンC誘導体は引き締めだけではなく、保湿やコラーゲンの生成にも効果があるので、肌のうるおいやハリが保たれて状態が安定します。
肌の状態が安定すると、皮脂の分泌が過剰になることもないので毛穴も引き締まり、汚れが蓄積することもなくなります。

 

ただし、よく洗顔後に冷水で毛穴を引き締めようとする方がいますが、これはスキンケアの成分の浸透を邪魔してしまうので、毛穴をしっかり引き締めるならスキンケアが終わったあとに氷水をビニールなどに入れて冷やすというのが効果的です。

 

スキンケアでも化粧水は人気になっていますが、毛穴ケア用の化粧水を使用した正しいスキンケア方法はこちらのサイトのスキンケア情報ページを見てみるとよいでしょう。⇒http://xn--cck3a231tvyu2ma391eyqd.net/

毛穴のスキンケアに良いコラーゲン配合の化粧品

黒ずみや開きなど毛穴のトラブルを無くすには、やっぱりスキンケア化粧品も重要です。
毛穴に良いスキンケア化粧品はいろいろありますが、毛穴のトラブルにもいろんなタイプがあるので、自分の毛穴の状態にあったものを選びましょう。

 

黒ずみを引き起こす毛穴の詰まりを防ぐには、古い角質や汚れをきちんと落としてから引き締めることがポイントになります。
こういったタイプに効果的なのは、ピーリングをしてから肌にハリを与えるスキンケアになるので、まずはAHAなどフルーツ酸を使ったケミカルピーリングをしましょう。
そして、ハリを持たせるためにはコラーゲンが必要になるので、真皮層に働きかけてコラーゲンを増やすレチノールを配合した化粧品でケアしてください。

 

ただ、レチノールは浸透力に優れていてコラーゲン生成の効果も高いのですが、その分若干刺激が強いので肌が弱いという方はビタミンC誘導体を使った方がいいでしょう。
ビタミンC誘導体にもコラーゲンを増やす働きがあり、さらに皮脂を抑制する効果もあるので開き毛穴の改善にも効果的です。

油分を調節する毛穴のスキンケアしよう

加齢やダメージによって肌全体がたるむことでできるたるみ毛穴は汚れは詰まりにくいものの、皮脂が過剰に分泌されたり、なんといっても目立つので早めのケアが必要です。
たるみは筋力の低下と乾燥によって引き起こされるので、しっかり保湿をして水分で細胞の一つ一つにハリを持たせるのが一番効果的なケアになります。
そのためには、ヒアルロン酸のように水分保持機能が高い成分や、角質層で水分の蒸散を防ぐセラミドなどの成分が入ったスキンケア化粧品を使うようにしましょう。

 

また、乾燥している場合は皮脂の分泌も過剰になるので、これを抑えるためにも乳液をたっぷりつけて皮脂の分泌量を正常に戻してください。
たるみ毛穴はテカリを引き起こすことが多いため、乳液などは控えるかもしれませんが、油分が不足していると肌はそれを補うためにさらに皮脂を分泌してしまいます。
ですので、ヒアルロン酸やセラミド配合のローションや美容液でしっかりケアをした後は、たるみが気になる部分に重点的に乳液を塗って油分を補いましょう。